第26回講演会
開催レポート

会場風景


2月4日、イオンモール倉敷において「わが街健康プロジェクト。」第26回講演会を開催し、200人が参加されました。。ブロンズサポーター(講演会参加3回で認定)は333名ゴールドサポーター(講演会通算6回参加、サポーターズミーティング2回参加で認定)は140名プラチナサポーター(講演会通算6回参加、サポーターズミーティング通算4回参加、わが友ポイント30ポイント獲得で認定)は4となりました。

「人生100年を生き抜くための予防医療~成り行きにまかせない健康管理~」と題して倉敷中央病院付属予防医療プラザ 所長 菊辻 徹先生に、「け・ん・し・んから見える倉敷市の課題と対策」と題して倉敷保健所健康づくり課 健康増進センター 保健師三宅浩美先生にお話しいただきました。菊辻󠄀先生は予防医療の考え方を解説され、❶自分のリスクや健康状態を理解して、できるだけ早く、うまく解決する ❷進歩した医療を疾病予防に活用して、自分の健康を自分で作り・守る、という2つの視点を挙げて、人間ドックやオプション検査の積極的な活用を呼びかけられました。三宅先生は倉敷市の国保特定健診の受診率の低さを紹介。ご自身の闘病体験にふれながら、倉敷市民の罹患数が最も多い大腸がん、死亡件数最多の肺がんの検診受診率が低いことを改善につなげるため「けんしん」を活用してほしいと呼びかけました。

「わくわくブース」で広い世代にPR

講演会と同時進行で、1階セントラルコートではPRイベント「わくわくブース」を開催。「救急」「かかりつけ医」「転院」「在宅医療」に関するパネルクイズや、医療職のユニフォームを着用して撮影できるフォトブース、親子連れを対象とした「風邪にご用心!正しいマスクの使い方」「オリジナルエコバッグで君もわがPの仲間!」など、一般の方が気軽に参加できるコーナーを設けました。ポスター展示・投票コーナーには、岡山県立大学デザイン学部、川崎医療福祉大学医療福祉デザイン学科のご協力をいただき集まった100作品を掲示。このうち共催医療機関による一次選考を通過した32作品を対象に「サポーター賞」の投票を実施しました。会場を移しての開催により、新たな層に活動テーマ「医療機関と上手に付き合う」こと、そしてわがプロを認知いただく機会になりました。

FMくらしきとコラボレーション!

FMくらしき様には、第1回講演会告知からご協力をいただいています。講演会開催の約1か月前に告知枠をいただいているほか、2019年6月から定期放送番組「 love our community -わが街のわ- 」を放送中です。
今回、FMくらしき様とのコラボレーションが実現し、1階セントラルコートでの催しの盛り上げ役として、パーソナリティ 杉本香子さんにご登場いただきました。第1回告知からのお付き合いとなる心強い「サポーター」の声が、プロジェクトをご存じない方のお耳にも届いたのではないでしょうか。

 


ブロンズサポーター認定者、ゴールドサポーター認定者記念撮影



【共催医療機関】

AOI倉敷病院    川崎医科大学附属病院    倉敷紀念病院     倉敷市立市民病院    倉敷スイートホスピタル    倉敷成人病センター    倉敷第一病院    倉敷中央病院    倉敷平成病院    倉敷リハビリテーション病院    倉敷中央病院リバーサイド    グリーン在宅クリニック    児島聖康病院    児島中央病院    重井医学研究所附属病院    しげい病院    玉島中央病院    チクバ外科・胃腸科・肛門科病院    茶屋町在宅診療所     つばさクリニック     藤戸クリニック      松田病院      水島協同病院      水島第一病院      水島中央病院

【後援】

倉敷市    倉敷商工会議所

2019年度 高梁川流域連携中枢都市圏事業

トップに戻る