第9回サポーターズミーティング
開催レポート



人生の最後、自分が大切にしたいことを共有

10月18日、対話型企画「サポーターズミーティング」第9回を開催、52名のサポーターが参加しました。
第9回のテーマは「終末期」。倉敷中央病院  がん看護専門看護師 平田佳子先生に「人生の最終段階をどう過ごしたいかを考える~アドバンスケアプランニング~」と題してレクチャーいただきました。

ケアプラン リ・ライフ 岡﨑 香代子氏とつばさクリニック 医療ソーシャルワーカー 南 智子氏レクチャーでは、終末期医療における課題として「地域の中で患者と家族の生活に合わせた終末期ケアを提供できる体制整備」を挙げ、「“医学的な人間の身体に着目した医学的アプローチ”だけではなく、一人一人の人生に着目した“人間の生き方に着目した医療”を目指す方向に医療の在り方の見直しが進んでいる」と述べられました。そして、自身が人生の最後に大切にしたいことは何かを話し合うツールとして「もしバナゲーム」を紹介、サポーターは3~4名のグループに分かれ取り組みました。

持ち札5枚が配られ、ゲームの中でより大切にしたいカードがあれば交換、最後に残った5枚から譲れない3枚を選び、その理由について話し合いました。会場は和やかな雰囲気に包まれ、サポーターの皆さんは楽しく語り合いながらゲームを進行、自身で意識していなかった想いに気づかれたようすでした。「終末期になる前に終末期をどう迎えたいかを話す必要を感じた。もしバナカードがほしい」「夫婦で延命については話をしていたが、最後に何を大切にしたいかなど話す機会はなかったので、今日はじめて知ることが出来た」など、前向きな意見が多く聞かれました。



次回は2019年4月、引き続き「終末期」をテーマに開催します。




もしバナゲーム
もしバナゲーム自身と大切な誰かとで「もしものための話し合い(=もしバナ)」をするきっかけを作るためのゲームです。一般社団法人Institute of Advance Care Planning(iACP)がCoda Allianceの許可を得て、翻訳・制作・出版しています。
詳しい情報は下記リンク先からご覧いただけます。
https://www.i-acp.org/game.html

ゲーム後のグループトークから
  • 楽しみながらより重要さを感じられるゲームで良かったです
  • 自分にとって何が大切か考えるいい機会になりました
  • かんたんだけど自分の気持ちを引き出してくれて楽しかった
  • 家族が大事だからこそ、家族の負担になりたくない
  • 人生をやり遂げたとの思いで死にたい
  • 最期を迎えるにあたっては本人や家族の気持ちを理解し優しい声かけのできる心ある医師などの医療人と巡り合いたい

【共催医療機関】

AOI倉敷病院    川崎医科大学附属病院    倉敷紀念病院     倉敷市立市民病院    倉敷スイートホスピタル    倉敷成人病センター    倉敷第一病院    倉敷中央病院    倉敷平成病院    倉敷リハビリテーション病院    倉敷リバーサイド病院    児島聖康病院    児島中央病院    重井医学研究所附属病院    しげい病院    玉島中央病院    チクバ外科・胃腸科・肛門科病院    茶屋町在宅診療所     つばさクリニック     藤戸クリニック      松田病院      水島協同病院      水島第一病院      水島中央病院

【後援】

倉敷市    倉敷商工会議所

平成30年度 高梁川流域連携中枢都市圏事業

トップに戻る